沖縄の魅力と移住
■沖縄の交通手段
@自家用自動車・自家用バイク
沖縄県の主要な交通手段は車で、その数も多く駐車許可以上に車があるくらい。つまり路上駐車や港などの放置が横行している状態です。
自家用バイクについては沖縄県は4年ぐらい前よりビックスクーターが大人気です。バイク自体の数は自家用車と同じぐらいの割合で走っています。
Aバス
沖縄のバスは時間通りにはほとんど着きません。4時から6時の帰宅時間は、特にそのようです。又、路線によっては待ち時間が長く最終時間が早いです。経由回路も様々で移住したばかりの方は間違って違う路線に乗ってしまう心配があるので注意してください。
Bタクシー
本土に比べれば初乗り運賃も安く気軽に乗れます。
中型車の料金目安
・初乗 460円/1.8km 
   ・割増 70円/405m 
・深夜料金  2割増/23〜翌5時  
・送車料金 無料
Cモノレール(ゆいレール)
2003年の夏に開業しました。たった2両で行ったり来たりという乗り物ですが空港から来る際や車を置いて県庁・国際通りなどに出かける際には最適です。那覇市民は通勤・通学に使う人もいます。沖縄戦争の前には沖縄にも電車がありましたが戦争で無くなってしまい戦争以来の立ち乗りでの乗り物という事で開業当初は沢山利用者がいました。最近は旅行カバンを片手に乗車する観光客が目立ちます。運賃は200円〜290円。